鈴木マサホ事務所本文へジャンプ
       鈴木マサホひとくち日記 
文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中
2001年02月

                 


●2月2日 各会派の委員と市会運営委員会他都市調査。名古屋市では、「市会だより」の発行状況や編集体制、議員定数についての特別 委員会設置の経緯などについて説明を受け質疑。横浜市では、「議会だより」の発行状況や編集体制についてと定例議会の審議日程などについて、説明を受け質疑。札幌市では、議会の公開について、委員会傍聴、委員会記録の公開、情報公開の実施状況などについて説明を受け、質疑。2日の夕方、帰京。その足で、夜は、京交を育てる会総会と前原衆議院議員ら2区の議員懇談会。


●2月3日 早朝9時から、教会で自治労教育支部長の結婚式。午後大阪で議員インターンシップの学生とマッチングイベント。夜、吉田神社の節分の火炉式警備と消防団と一緒に火の世話。深夜3時頃まで。


●2月4日 左京区民文化フェスティバル。


●2月5日 鞍馬の自治会の役員さんたちと公共下水道設置の請願を巡って懇談。北岡府会議員事務所で市民相談ごとの依頼。夜は自治労理財会計支部と懇談会。羽室連合新会長を励ます会。


●2月6日 中央市場第1市場長が、使用料改定についての説明に。かって中央市場で働いた経験があるので、現在の厳しい状況と今後の展望について議論。夜は3月に予定されている京都市部落問題研究集会の分科会「わたし自身と差別 問題―自由な対話が成り立つ人々との交流の場を求めて」の持ち方について打ち合わせ。久しぶりに問題提起者として参加することにした。


●2月7日 左京区長と懇談。刷り上ったばかりの「左京区新基本計画」の説明と左京区の諸課題ついて懇談。その後一日中事務所で資料整理。


●2月8日 新年度予算案の会派別内示が市長、副市長から。37年ぶりのマイナス予算。議員団会議、諸般 の報告。政務調査費について議論。会派別か議員個人支給か併給かまだ結論がでない。夜、岡崎中学の保護者と懇談。


●2月9日 左京合同福祉センターでの「心ときめき芸術祭」を見学。チーム豊田とホームページ更新でミーティング。夜、伏見工優勝祝賀会。


●2月10日 20歳でバイク事故でなくなった青年の告別式。民主党府連常任幹事会、笹野参議院議員の離党問題など協議。


●2月11日 「左京区高齢者の保健・医療・福祉をみんなで考えるつどい-いつまでも元気に暮らしたい-よくわかる介護保険―」。医師会などの皆さんによる劇仕立ての実演に毎回勉強になる。審査会の模様の再現も参考になった。


●2月12日 地元吉田の相談ごと一件。


●2月13日 左京区民作品展のオープニング。一乗寺の精神障害者の作業所「ボランティアハウス」を見学。午後、政務調査費をめぐって理事会。疲れる。夕方、NPO法人「さまさま」のメンバーと、夜は朝鮮総連のメンバーと懇談。


●2月14日 2月定例市会告示。市会運営委員会の開催。日程の確認など。午後、市会運営委員会正副委員長らに市長から新年度予算など議案について説明会。その後、市会ホームページ作成や政務調査費について議論。


●2月15日 年末に議員団で出した新年度予算要望に副市長から回答書が出される。定例市会の議案が発送。議員団で議案について勉強会。総務局、環境局、産業観光局の局別に説明を受け、質疑。


●2月16日 政務調査費を巡って協議。議員支給と会派支給の併給でまとまる。
議員団局別勉強会。理財局、教育委員会、総合企画局。議員インターンの立命館大学の学生を面接。夜、自治労民生支部と懇親会。


●2月17日 吉田神社節分祭の直会。国際交流会館で「多文化ふれあいフォーラムー多文化共生社会の実現に向けて」に参加、川崎市など外国籍市民懇話会の活動状況などたいへん勉強になった。夜、ボーイスカウト24団育成会の懇親会。


●2月18日 定例市会の議案を読む。13年度予算は、超緊縮財政で国民健康保険料の改定などもあり、白熱するか。


●2月19日 局別勉強会。交通局、保健福祉局、水道局、消防局。議員団ニュース9号発行の準備。


●2月20日 市会運営委員会。日程について決定。昼OB議員懇談。局別勉強会は、建設局、文化市民局、都市計画局。近くの吉川病院で久しぶりに検査を受ける。


●2月21日 21世紀最初の本会議。京都市交響楽団の室内演奏が議場であったのち、新年度予算案や、その他議案について市長並びに副市長から提案説明。終了後、市会情報公開審査会の先生方の紹介とごあいさつをいただく。私道を市道に認定するにはどうしたらいいのかという相談ごと1件。


●2月22日 市会の情報公開が実施されるので、今後の市会事務局の役割について説明を受ける。左京区静原の自治会のみなさんと下水道敷設の問題について協議。次回の交通水道委員会で請願を採択する方向。


●2月23日 議員会。12年度分の補正予算など議案の取り扱いについて議論。代表質疑にたつ小川議員の質問原稿づくりにアドバイス。朝鮮総連国際部の皆さんと仲尾宏さんら在日朝鮮人問題に取り組んでいる先生方と民族学校問題など意見交換。


●2月24日 京都高野川ライオンズクラブ杯左京小学生バレーボール大会。地元吉田で相談ごと1件。夜、京大生らと懇談。


●2月25日 京都高野川ライオンズクラブ杯左京小学生バレーボール大会。夜、鈴鹿隆男さん著の「吉田探訪誌」出版記念会。


●2月26日 議員会。今後の同和行政のあり方について担当局より説明を受ける。また議案についての態度を決める。原子力潜水艦による「えひめ丸」沈没事故についての意見書を作成。議員団ニュース10号編集作業。


●2月27日 市会運営委員会。各会派が議案について態度表明。12年度補正予算などは賛成多数。13年度分の議案はすべて委員会付託を決定。市会ホームページの議事録検索についてデモ。議員団ニュース10号を配布。夜、解放同盟京都市協議会の総会であいさつ。羽室連合会長を励ます会。


●2月28日 本会議。自民党、共産党の7人の議員が代表質疑。盲導犬を同伴された視覚障害者のみなさんが本会議をはじめて傍聴される。メールニュース14号を作成、送付。


鈴木マサホ事務所
〒606-8313 京都府京都市左京区吉田中大路町17-1 鈴木文化会館2F
tel: 075-761-5537(代) fax: 075-761-5591

Copyright ©2001-2010 Masaho SUZUKI All Rights Reserved